「1分で話せ」37週ベスト10入りと最後のお願い

Amazonの週間ビジネス書ランキング、計37週ベスト10入りいたしました!!やったー!あと15週分入れば、1年だ!
ご愛顧いただき誠にありがとうございます。
引き続きどうぞよろしくお願いします。

そして、「ビジネス書グランプリ2019」の投票、本日までとなっております。「1分で話せ」は、皆様の応援なしには成り立ちません。どうぞよろしくお願いします!

1秒でつかむ

山本 名美さんの同僚、「家、ついて行ってイイですか?」ディレクターの高橋弘樹さんの頭の中が丸裸になった本。「1秒でつかむ
以前、気になってた、吉木りさがただ怒るあの番組も、この方の企画だったそうな。

このパラノイア的なこだわり、マジすごいです!色々ご自身でルーティンを積み上げまくったベースの上に、この本はよって立っていますね。圧倒的なファクトを通して出てくるから本物なんだよね。
続きを読む 1秒でつかむ

2019年の個人ウェイ的な方針(仮)

全体では「ワイルドに、圧倒的なパワーで突き進む」ってノリ。

1)凄まじい集中力で仕事する。
今まで、ダラダラやりすぎていた。
時間をかければいいと思っていた。
とにかく、これまでの3倍くらいの集中力をもって仕事をする。

2)迷ったらワイルドにいく。
迷ったらワイルド風を装いつつ、割とマイルドにいっていた。
これからは、ワイルドにいく。

3)本からのインプットをしっかりとする。
年末、部屋を片付けていて気づいた。積ん読多すぎ。
本を読むことをさぼっていた。何十年も。
知性をあげる。そのためには、まずベースとなるインプットをしっかりとする。その上での、人とたくさん議論する。

4)Free, Flat, Funでいく。
Free: 色々なバイアス、制約、しがらみから自由になる
Flat: 一生懸命生きる全ての人をリスペクトする
Fun: 最近マジメすぎるので、狂う。ネジを外す。

5)徹底的に成果にこだわる。
成果が見えづらい育成的な仕事なだけに、逆に成果にこだわる。
僕と仲間が絡むことで、はたらく人が、自信を持って突っ込んでいくようになり、幸せを感じられるようになったら、嬉しい。
方法は色々。とにかく、はたらく人の笑顔を増やす。

「まだ俺は本気出してないだけ」は卒業し、言い訳せず、本気でガッツンガッツン飛ばしていく。
ぶくぶく太った体に鞭打って絞りきり、ワイルドに突き進むぜー
つまり、一皮むけるぜ!

日々の繰り返しの先に未来がある。
人生100年、の残り半分を,徹底的に社会に価値をうみ出していくことに集中する。

ウェイウェイ!!!

2019

2018年は、いろいろ激動な一年だった。

Yahoo!アカデミアは、ひとまわり大きくなった。

今年、ヤフーの執行役員は、アカデミア出身者が過半数になった。
アカデミアで覚悟を決めた人間たちが、ヤフーの経営を担っていく。共通の言葉で話せるようになるし、アカデミアで育まれた人間関係が様々なところで活きてくる。

対象は、ヤフー単体から、グループに門戸を広げた。
アスクルや、一休や、ほかグループ各社から社員が集まってきた。
彼らの成長につながるだけでなく、ヤフー社員の成長にもつながる。そして、Yahoo!アカデミアがグループの求心力になっていく。

続きを読む 2019

やたー!「1分で話せ」年間No.1ゲットうぇーい

三省堂書店さん有楽町店、、、有楽町駅前の有名なあの店で。
なななんと!!!
2018年ビジネス書第一位を獲得いたしました!!!
やったー!!!!

発売後、最初の1-2ヶ月はものすごーく端っこの棚に隠れていましたが、じわじわ来て、ついに。中島悟の刻み納豆走法のようでした。
嬉しい嬉しい嬉しいな。
応援ありがとうございます。
引き続きどうぞよろしくお願いします。
で、ビジネス書は、こちらでも一位を取りたく、投票、何卒よろしくお願いします。
ビジネス実務部門、およびグランプリ(最後に指定)は、「1分で話せ」何卒よろしくお願いします!

Live in 道北!

北海道は遠別、手塩方面。

ヤフーがやってる高校への「デジタル人材育成プログラム」からの流れで、北海道教育委員会主催の
「教科等の本質的な学びを踏まえたアクティブ・ラーニングの視点からの学習・指導方法改善のための実践研究(SCRUM)」に係る道北圏域研究大会」
の基調講演として、「アクティブラーニングを考える」と題して、北海道遠別農業高等学校にて、1時間半くらい、道北圏の高校の先生方にライブをやってきました。

続きを読む Live in 道北!

Amazon 34週トップ10入り

ビジネス書ランキングで、8位キープ。これで合計34週トップ10入りです。まずは発売(3/15)から1年後にトップ10にいたいす。

「ビジネス書グランプリ 2019」どうしてもとりたいっす。部門賞、およびグランプリ(最後に選択します)。ぜひ、投票をお願いします!