本屋巡りトゥデイ!そして昇格

本を出したことで、本屋に自分の本が並ぶ喜びを味わうことができる。これは、世間の動きとは全く関係のないところで仕事をしてきた僕としては結構大きなことで、なんか、世間にアピールしているというか、メジャーデビューして晒されている感がすごく嬉しいんだよな。最初の本を出した時はそれがすごく恥ずかしかったが、もう、あまり気にならなくなり、そうすると、本屋巡りをしたくなる。

続きを読む 本屋巡りトゥデイ!そして昇格

週刊ダイヤモンドで紹介されたよ!

週刊ダイヤモンド2018.5.19号の書評で、「1分で話せ」が紹介されたよ!

 

こちらの号です

 

 

 

 

ちらっとこちら。

 

紀伊国屋書店のバイヤーさんに書いていただきました。プロの目で「こいつはいける!紹介しよう!」と思っていただけたのが、とても嬉しい。

 

 

 

これからも、ビジネスパーソンを中心に、表現力向上にコミットしてやって参ります!本日は、コーポレート本部の新入社員たちへプレゼン研修。

楽しみだ!
ウェイウェイ!

小学生の読者ができました

僕が「1分で話せ」で目指していたのは、
「中学生でもわかるビジネススキル書」。

この本に限らず、「中学生でも理解できるか」ということは、僕があらゆる文章表現で目指しているところだ。

中学生でも理解できるくらいわかりやすい。でも内容は濃い。それが理想だ。

そうしたら、小学生の読者が生まれた。
こちらだ。

『小学生でも分かる⭐︎1分で話せ』11才の娘。小学校で1分間スピーチが毎日ローテーションでまわってくるそうで「それならば💡」とyahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんのご本『1分で話せ』を、娘に手渡しました。しばらく読み入…

井上 かみさんの投稿 2018年5月9日(水)

先日、下関市でイベントをやったときにご一緒させていただいた「百姓庵」井上かみさんの娘さん(ちなみにこちらの塩はびっくりするほど美味しいのでぜひお試しあれ)。

楽しんでいただけたようで、本当に嬉しい。
スッキリ、カンタンな言葉で伝えられた方が、理解は進む!と言っている自分自身の言葉が分かりにくかったらダメなわけで。
スッキリ、カンタン度の試験に合格したな!と。

そうやって、小学生、中学生の方たちがたくさん、この本を楽しんでいただき、表現力をつけていったら、もっと楽しい世の中になる。
そんな未来を夢見て、日本中にお届けしていきたい!

かみさん、ありがとうございました!

 

「1分で話せ」のハンコを作ったよ

こないだ宮崎行った時、「九州バカ」を書いた村岡浩司さんが「九州バカ」ってシャチハタ作って、サインするように著書に押してるわけ。それ見て、こらいいわ!と思って作ったのがこちら。 続きを読む 「1分で話せ」のハンコを作ったよ